記憶力をサポートする成分

記憶力は、神経細胞と脳がコミュニケーションを行うことによって維持されます。

神経伝達物質が神経細胞や脳の間で行き来して情報を伝達することで、脳に記憶が定着するのです。

もの忘れが多くなるのは、この神経伝達物質の働きが低下していることによるものですから、それを防ぐためには、脳をサポートする栄養をしっかりと補うことが大切です。

■ホスファチジルセリン(PS)

脳に多く存在しているリン脂質の1種です。食品では大豆に少ししか含まれていないため、サプリメントなどの健康食品から補給することが推奨されています。

■レシチン

アセチルコリンと呼ばれる記憶と関わる神経伝達物質の原料となる脂質の一種で、記憶力を高めるためには必須の成分です。大豆や卵黄に多く含まれています。

■イチョウ葉エキス

記憶力の維持やサポート役として注目されている成分で、加齢に伴って低下した脳の血流を改善することで、記憶力をサポートします。

■プラズマローゲン

人の脳に含まれる脂質の約半分を占めるリン脂質の1種で、リン脂質のうち約20%を占めており、脳の働きに大きく関わっていると考えられています。

加齢や生活習慣、多忙な日々のなかで徐々に減少していくため、「ぼんやり」の予防・緩和のために補給を推奨されることが多い成分です。

■クリルオイル

「南極オキアミ」というプランクトンから抽出される成分で、DHA・EPAを豊富に含んでおります。水溶性の「リン脂質」であるため、魚由来のDHA・EPAよりも効率良く体内に吸収されると言われています。

■核酸(DNA、RNA)

人に欠かせない必須栄養素で、記憶力の正常な働きだけでなく、健康促進や病気の予防・治療にも有用な働きをするため、衰え等を感じやすい年齢になったら積極的に摂っておきたい成分の1つです。

■DHA(ドコサヘキサエン酸)

細胞を柔らかくして血管をしなやかにする働きをするため、学習や記憶を司る脳の海馬にたっぷり酸素と栄養を届けてくれます。

また、脳の神経伝達物質の働き活発にし、脳の働きをサポートします。青魚の魚脂に豊富に含まれています。

■EPA

DHAと一緒に配合されることが多く、血液をサラサラにすることで、DHAの働きをサポートします。

■ビタミンB群

脳の正常な機能を保つ働きがあり、肉類、玄米、雑穀米、緑黄色食野菜、豆類に多く含まれています。

これら成分は、数多く存在する知的ケアサポート成分のごく一部にすぎません。

認知症や記憶力に関わる分野は、近年特に研究が進んでおり、まだまだ、有名な知的ケアサポート成分はたくさんあります。

「知的ケアサポートサプリ」で記憶力低下を予防・軽減

name
email
url
comment