アルカリ電解水とアルコールの除菌効果の違い

ウイルスには、「エンベロープウイルス」と「ノンエンベロープウイルス」の2つのタイプがあると言よれております。

「エンベロープウイルス」は、脂質を含む薄い膜で覆われておりますが、「ノンエンベロープウイルス(ノロウイルス)」は、その膜がなくても生きていられるウイルスです。

ウイルスを不活性する方法は、このエンベロープ(膜)があるかないかで異なりますが、膜のある方が不活性がしやすいといわれております。

ウイルスを不活性するためには、除菌が必要ですが、除菌といえば、「アルコール」のイメージが強くありますが、除菌力と活用法の幅の広さではアルカリ電解水の方が優れています。

アルコール(70%)だと、エンベロープのあるウイルスを除菌することはできますが、ノンエンベロープウイルスはアルコールに強いため、除菌には力不足です。

これに対し、アルカリ電解水は、エンベロープだけでなく、より耐性の強いノンエンベロープにも効果を発揮することができます。

除菌にあたって見落としがちなのが除菌前の掃除です。

通常の生活空間の中においては、除菌したい場所には、菌だけでなく、その発生の原因となっている手垢、油汚れ、土汚れなどの様々な汚れも存在しています。

アルコール除菌は除菌することがメインのため、比較的、汚れに対する洗浄力はあまり期待できません。

一方、アルカリ電解水は、高い洗浄力と除菌力を合わせもっているため、生活空間における様々なシーンで、効果的に幅広く使用することができます。

新型コロナウイルス対策グッズで感染予防

name
email
url
comment