改造車とは

改造車には、違法改造と合法的改造の2種類があります。

違法改造車は公道を走ることができませんので、自動車保険への加入もできませ ん。
一方、合法的な改造を施された車は、車検証に「改」と記載されており、これは、自動車保険に加入することが出来ます。

車検証に「改」と記載されるのは、車の構造や原動機、動力伝達装置、制動装置などに、市販の状態から変更を加えた場合です。

例えば、エンジンを交換した、ミッションを変更した、乗員数を変更したなどの改造がこれに該当します。

そして、こうした改造を行った場合は、保険会社に告知・通知しなければなりません。

自動車は、人に危害を加えたり、人に迷惑をかける危険性を持っていますから、不適切な変更や改造は法律で禁じられています。

また、不正改造は、知らずにやっていても犯罪になってしまいますので、注意が必要です。

例えば、灯火類の色を変更したいと思っても、制動灯や方向指示器灯などは、投光の色が定められおり、他の色を使うと違法になります。

基準に適合しない形状やサイズのウイングは、スポーティでカッコよく見えるかもしれませんが、歩行者を傷つける恐れがあるため、保安基準に適合するものを取り付けなければなりません。

タイヤやホイールが車体よりも外側にハミ出す場合は、不正改造になります。これは、歩行者などに危険が及ぶ恐れがあるだけでなく、車体などと干渉する危険性があるからです。

フロントウインドウや運転席/助手席のサイドウインドウに、濃い色の着色フィルムを張るのも不正改造になります。

また、透明なフィルムも、基準となる光の透過率を満たさない場合は違反になります。

その他、消音器(マフラー)を切断したり取り外す行為、過剰に大きな音をだす警音機の取り付けも不正改造になります。

いずれにしても、純正外の部品を取り付けるときには、保安基準に適合するものを選ぶことが大切です。

車の査定は「カーセンサーnet」にお任せ(pc版)

車の査定は「カーセンサーnet」にお任せ(スマホ版)

name
email
url
comment