犬のワクチン接種の重要性

愛犬が健康的に暮らすためには病気にならないことが第一です。

そのためには、飼主は、毎日、運動をきちんとさせることや、栄養をバランスよくとらせることなどは大事なことです。

さらに、愛犬に対して、かかりやすい病気などのワクチンをきちんと接種させるのも飼主の責務です。特に、狂犬病ワクチンなどは1年に1度接種させる必要があります。

狂犬病ウイルスに感染することによって発症すると、人間を含める全ての哺乳類に感染してしまう恐ろしいウイルスなのです。

これを防ぐため、飼主の元には、毎年、春になると狂犬病ワクチンのお知らせが届きますが、狂犬病ワクチンだけでなく、他にも色んなワクチンがあります。

狂犬病のワクチンの他に、病気やケガをしてしまった時に、獣医さんに勧められるのが「混合ワクチン」です

これは、狂犬病のワクチンのような接種は義務ではなく、任意で行うます。ワクチンには副作用はありますが、愛犬が命を落とすかもしれない病気を防げるため、ワクチンを打つ選択をする飼主が多いのです。

ドッグフードなら「オリジン」(pc版)

ドッグフードなら「オリジン」(スマホ版)

name
email
url
comment