ニンニクの効用と注意すること

ニンニクは、古くから洋の東西を問わず、スタミナ食として活用されてきました。古代エジプトでは、ピラミッド建造の肉体労働者の間では強壮食品とされ、古代ローマ時代には戦闘士などの食べ物とされていたそうです。

ニンニクには抗血栓作用や抗がん作用がある成分が含まれている他、疲労回復や抗菌・殺菌、防カビ、抗ウイルス作用があると言われております。

このように、ニンニクにはメリットも多く、食べ物として適量食べるには、ほとんど安全ですから、風味をよくし、食欲アップに役立ち、日々の健康づくりに役立つ薬味として活用できます。ただし、刺激が強いため、生食などでたくさん食べると胃壁などを痛める場合があるので注意が必要です。

このため、生なら1日に1片、加熱するなら2片程度が目安と言われています。子どもやお年寄りは成人よりも量は控えめにしましょう。

また、血液凝固系に障害のある人、ワルファリンやアスピリンなどの血液凝固に関連する薬剤、インスリン、シクロスポリン、経口避妊薬などの薬剤を使用している人は、ニンニクが影響する可能性があるため食べるのは避けましょう。

ヴィトックスα

name
email
url
comment