低周波治療の期待される効果は?

筋肉が緊張して血流が低下すると、痛みを生み出す「発痛物質」が放出されて痛みが起こります。

低周波電流による治療は、痛みのある部分をマッサージすることによって血行を促進し、筋肉の緊張の緩和を図ろうとするものです。

筋肉のコリや疲れをケアして「発痛物質」を血流とともに流すことで、痛みを軽減することができるのです。

それと同時に、電気刺激を与えることによって、痛みの伝達を抑制する効果も期待できます。

侵害刺激を伝えるゲートをコントロールして、疼痛(とうつう)を軽減させることを「ゲートコントロール理論」と言います。

低周波治療は、伝導速度の速い「触覚神経」を刺激することで、伝導速度の遅い「痛覚神経」の伝達を防ぐことによって、痛みの伝達を抑制する効果を期待することができます。

また、低周波治療の周波数に依存して「脳脊髄液」内への様々な鎮痛物質が誘発されることによって、広く「鎮痛効果」が期待できます。

低周波には、こうした効果が期待できることから、医療用に限らず、手軽に自宅で低周波治療ができる家庭用低周波治療器の様々なタイプの製品が開発され、手ごろな値段で販売されています。

家庭用治療器で【肩こり・腰痛・膝の痛み】など身体の不調を緩和♪

name
email
url
comment