ゴミ屋敷を自分で片付けるのは大変です

ゴミ屋敷化した部屋・家を自分で片付ければ、確かに、お金は余り掛かりませんし、片付けスタッフを中に入れる必要もないので、プライバシーを他人に晒すこともありません。

しかし、それだけ、労力も時間も必要なことは覚悟しなければなりません。

■ゴミの分別・処理が面倒

自分で「燃えるゴミ」なのか「資源ゴミ」なのか1つひとつ判断して分別しなければなりません。

さらに、分別したゴミを袋に詰めて、自治体のゴミ出しルールに従った出し方をしないければならず、大変な時間と労力を費やす必要があります。

粗大ゴミであれば、事前に回収の予約を行い、粗大ごみシールを購入して、指定された日時・場所に置く必要があります。これも、結構、面倒な作業になります。


■体力が必要

ベッド、エアコン、家具など、大型のゴミを一人で移動させるのは難しいものです。

また、片付け終わるまで、1日中、あるいは、何日も立ったりしゃがんだりといった動作を繰り返すため、足腰への負担も大きくなります。

筋肉痛程度であれば良いのですが、最悪の場合はぎっくり腰や腰痛になって、後々の生活に悪影響を及ぼす場合もあります。

■効率が悪く時間がかかる

素人は、ゴミの分別や片付けに慣れていないため、どうしても無駄な作業が多くなって効率的に進まず、かなりの時間がかかってしまいます。

このため、ゴミの量にもよりますが、一人で行うと、とても1日では終わらず、数日、場合によっては数カ月、最悪の場合、数年かかることを覚悟したほうがいいかもしれません。

そんなに掛かるのであれば、ついやす時間や労力を考えれば、業者に依頼した方が安上がりかもしれませんね。

ゴミ屋敷や汚れ部屋の悩みは【不用品回収&ハウスクリーニング】で解決

name
email
url
comment