ダニシート評価のポイント

家庭のダニを退治するにあたって、一番厄介なのが、ベッドやソファーなどの大型の家具・寝具でしょう。

ぬいぐるみや毛布などは、コインランドリーの業務用乾燥機を使えば、ダニを死滅させることができますが、ベッドマットレスやソファーなどには、この方法は使うことができません。

そこで、一番効果的とされるのが「ダニシート」を使って退治するという方法です。

■ダニシートの選び方

「ダニシート」と言っても、薬局で購入できるものからダニ駆除専門の会社が開発した物まで様々あり、素人目には、どれを購入したら良いのか分からなくなってしまいますので、ある程度の知識と特徴を掴まえて、予算や用途に応じて選ぶことが大切です。

■「ダニシート」の種類

●忌避タイプ:ダニを寄せ付けなくするだけで、捕獲・駆除効果はありません。

●粘着タイプ:ダニを粘着シートにくっつけて生きたまま捕獲するもので、商品によってクオリティに幅があります。

●特殊タイプ:特殊な素材でダニを捕獲し駆除する。完全に捕殺するタイプで、効果が高い分値段も高いです。

■ダニシートの安全性

安全性の評価基準については、下記の3点が判断のポイントとなります。

●殺虫成分を使用しているかどうか

●ダニをおびき寄せる誘引剤などの主成分が安全なものであるかどうか

●外部の機関による安全性のチェックを受けているかどうか

特に、外部の専門機関のチェックの有無と公表は、商品の信頼性を判断する指標しなります。

公式サイトや商品パッケージに記載されている「安全性の根拠となるデータの数や検査機関の信頼性」を基準に評価しましょう。

■ダニシートの価格
ダニシートの殆どは、1〜3か月間の使用期限を設定しており、一度買えば永久に使えるようなものではありません。このため、多くの商品は「定期購入」プランを用意しております。

その商品が高いか安いかは、日割り価格を比較することである程度判断できます。

例えば、5枚入り・使用期間90日間の「ダニシート」の価格が6000円とすると、1枚あたり13円/日、5枚同時に設置すると、1日あたり65円となります。

他のダニシートも同じように日割り計算して比較することにより、高いか安いかの判断ができます。

■捕獲できるダニの種類

家の中で発生するダニは約15〜20種類と言われていますが、人間に害を及ぼすダニは限られています。

このため、人を刺す大型のダニを捕獲できるか否かが問題となります。

特に、刺咬被害が多い「ツメダニ」が捕獲できるかどうかが、評価の分かれ目になるでしょう。

■ダニの捕獲数などのデータの公表

これも、効果の有無と商品の信頼性を知るうえで重要なポイントとなります。

■全額返金保証制度の有無

ダニ捕獲効果が無いと感じた場合に、購入金額分を全額返金してくれるかどうかも、評価のポイントとなります。

ダニシートならコチラ

name
email
url
comment