新築物件への不動産投資

新築物件への不動産投資は、新たに土地を購入し、そこに新築の建物を建てて、それを他の人に貸し出すものです。

これには、すでに建て売りされている新築物件を購入し、そこに投資するという方法もあります。

新築物件への不動産投資のメリットの一つは、銀行からローンなどの融資の審査が通りやすくなることです。

これは、不動産の価値が担保としてとても高いと銀行が判断するからです。

また、新築物件に投資することは、自分の好きな土地に好きな物件を建てられるというメリットがあります。例えば、今はやりの太陽光発電を搭載したアパートを建てたい場合でも、新築物件投資なら簡単に行うことができます。

さらに、長く運用できることもメリットです。これは、全く傷んでいない、新しい建物の状態から投資を始めるため、最低でも20数年は運用することができます。

その一方で、新築物件への投資にはそれなりのデメリットも存在します。

まず、中古物件の購入に比べて、どうしても投資額が大きくなってしまうことです。そして、投資額が大きいゆえに、投資した額を全て回収するまでに時間がかかってしまうことです。

また、入居者が最初のうちは、なかなか入らないというのもデメリットとなりますが、人気のある新築物件であれば、入居者が比較的入りやすいという面もあります。

中古物件と比べて、設備やセキュリティが充実していると、入居者の人気を集めやすくなるからです。

「一口家主 iAsset」は【1口50万円】から始められる安全な資産運用です。

name
email
url
comment