「ローリングストック法」による非常食の備蓄

災害に備えての非常食の備蓄は、3年、5年と長期保存の効く食糧を大量に買い込み保存しておくのが一般的でしょう。

しかし、このようなやり方だと、非常食の消費期限が大幅に過ぎていて全て廃棄するのを余儀なくされたり、消費期限が目前に迫っているため、毎日のように缶詰や乾パンを食べざるを得ないという事態が発生しかねません。

こうした事態を防ぐために最近注目されているのが、「ローリングストック法」という考え方です。

これは、3年、5年といった長期保存が効く非常食を、その期間まで食べずに備蓄しておくのでな、日常的に非常食を食べで、その都度、買い足すという行為を繰り返し、常に、新しい非常食を備蓄するという、「食べ回しながら備蓄する」という方法なのです。

これだと、災害時に、普段食べ慣れない非常食よりも安心して食べることができます。

また、長期保存の非常食は、ラインナップが限られていますが、ローリングストック法での「非常食」の消費期限の目安は1年です。

このため、各種レトルト食品、フリーズドライ食品など多彩なレパートリーから選ぶことができるので、各個人の好みに合わせた非常食を選ぶことが可能となります。

地震発生時の避難行動

name
email
url
comment