筋トレの3大要素とは

筋トレをする場合、ただ闇雲にトレーニングしても効果は低下してしまいます。

トレーニングをするにあたっては、基本的な3大要素を理解した上で行うことが大切です。

■強度
ウェイトトレーニングの強度の値は「RM」で表されます。この「RM」とは「最大反復回数」のことで、例えば、1RMなら1回しか反復できない重さで100%の力を出すことになり、10RMなら10回反復できる、すなわち、11回目は反復できない重さです。

初心者の場合は、まず自分の10RMの強度を知ることが重要となります。

■量

どのくらいのセット数をこなせばよいのかと言うことですが、これは筋群によって異なります。

例えば、大胸筋や大腿のように筋面積が大きい部位は、セット数が少ないと筋肉を疲労させることはできませんので、多めにセット数を組む必要があり。5セット〜8セットが目安です。

逆に、上腕二頭筋のような小筋群の部位は、少ないセット数でも筋肉を疲労させることができまるので、3〜5セットが目安です。

トレーニングレベルが向上すれば、1つの筋群に対し2〜4種目のトレーニングを組み込んで、色々な角度から刺激を与えると、より効果を上げることができます。

■頻度

トレーニング頻度はトレーニングレベルにより異なりますので、自分のライフスタイルに合わせてトレーニングしましょう。

筋トレ&エクササイズで【メタボ対策・ダイエット】(pc版)

筋トレ&エクササイズで【メタボ対策・ダイエット】(スマホ版)

name
email
url
comment